♯3 夢の実現へのステップ

それから数年後

それぞれの事情で幼児教室を退職した後のこと。

在職中から三人ともが
「実現できぬ夢」を抱えていたこと

そして偶然にも
思い描いてきた「理想の教室像」が
そっくりだったことを知ったのです。

もともと感性のぴったり合う
わたしたちでした。

「三人いっしょならまた子どもたちを教えられる!」
「しかも私たちの理想の教室で!」

三人の心の中で一気に何かがはじけたようでした。
            
              ⇒⇒「♯4 教室さがし」へ