アドレ行き?「春のおでかけバス、発車オーライ!」

プレキッズBクラスの修了製作ともいうべき「春のおでかけバス」が今日完成しました!
いっしょにおでかけしませんか?


二週に渡って作り、もうほとんど完成にもみえる春景色ですが、
今日は額をつけて、お部屋に飾ってもらえるようにカッコよく仕上げていきます。

まず、ほんものの額みたいに厚みをつけたかったので、
枠の部分は間にダンボールを細く切ったのを1枚貼りつけます。
接着は両面テープを使いました。

そしていよいよ、その上にきれいなオレンジ色のカラーダンボールを
のせていきます。
このオレンジ色の枠が加わることで、春のウキウキ感倍増
両面テープの上紙をはがすは、もうお手のものですね(^_-)-
角がずれないように慎重において行きます。
ここはさすがに、先生も真剣にお手伝い(笑)

そして最後に先生たちからプレゼントの「おでかけバスキット」を
組み立てていけば、もう完成間近です。

「あれ?だれも乗ってないね! 誰が運転するのかな~?」
「運転してくれる人!!」というと
「ハーイ!」と次々かわいい手があがります(^o^)/
「それじゃ・・・運転手さんはみんなね!」と本久先生が
用意していたこどもたちの写真を運転席に貼ってあげました。
「わーい!!」「わーい!!」

さあ、だいすきなどうぶつさんたちも乗せて
アドレ号いよいよ出発です!!

今回の造形には

子どもたちが使うことができるいろんな素材と道具(紙ねんど・絵具・色画用紙・ダンボール・布・
毛糸・はりがね・荷物ひも・お花紙・スポンジ・のり・ボンド・セロテープ・両面テープ・はさみ など)

さまざまな指先の動作(切る・貼る・はがす・ちぎる・丸める・伸ばす・のす・混ぜる・巻きつける・
とめる・つまむ・ねじる・合わせる など)

なるべくたくさんの造形作業の基本をつめこんであります。

小さな子どもたちはひとつひとつ、見て、まねっこしてやってみて学びます。
出来なかったことも、体験を積み重ねることでどんどん器用になっていきます。
平面→立体へ作り上げる楽しさや、いろんな工作のアイデアも
最初は見てまねて感覚を磨きます。

こうして完成した作品は自分もまわりの人たちも喜ばせてくれますね(^◇^)

2~3歳はいろんな感覚が磨かれる、黄金期ともいうべき時。
豊かな体験が豊かな能力を育みます。