あの「お化けカボチャ」の重さは?

ちょっと肌寒いくらいの午後
大倉山エルム通り商店街の
「ハロウィン祭り」がはじまりました。
小さな子どもたちから、
ときには大人まで
この日ばかりは
思い思いの仮装をして
歩いています。

子どもたちは300円でハロウィンバケツを買うと
お菓子をもらえるお店マップを
片手に歩きます
幼い子はママやパパと、
ちょっと大きくなると
「Trick or treat!]
と言ってお店の人から
お菓子をもらいます。

「どうぞ」「ありがとう」 のやり取りもちゃんとできたら
お菓子がもらえる 楽しい一日

「こんなににぎやかでたのしいお祭りなら
来年は孫を呼んであげたい」
と言っていたおばあちゃん。

年季の入った本格的な一眼レフカメラをかまえて
子どもたちの笑顔のシャッターチャンスをねらっていた
おばあちゃんカメラマン。

ものすごいおおきな仮面とオノを持って
店先にたち、小さな子を泣かせてしまった
やさしい電気やさんのご主人

一日お姫様になれた女の子
ハチの子ハッチに変身してたあかちゃん

子どもからお年寄りまで
みんな、とってもいい笑顔。

アドレ・キッズがお手伝いした 「お化けカボチャの重さ当てクイズ」
店頭の巨大なカボチャを一人一人
実際に持ってみて当てます。

魔女に仮装した私たちも応援する中

若いパパはカボチャを持ったあとで
お子さんを抱っこして予想

おじいちゃんはなじみの 10㎏のお米の袋と比べてました。

たくさんの解答用紙が投入されましたが、

みごと
1等賞になったのは
わずか200gの僅差で
当てた方でした。

さて、いったい何キロ
あったと思いますか?
答えは、「13.7㎏!」
パンプキンパイが
何個焼けるかな?
と想像した私たち・・・

残念ながら、
お化けカボチャは
食べられないそうです!
ほ~んと、残念!(笑)