年少クラス、初めての針仕事、できた!

先日、年少クラスの造形で、初めて針と糸を使う取り組みがありました。

細くて長めの木綿針なので、針先を可愛い指に刺してしまわないかと
内心ドキドキ。

はじめてのハサミのときと同じですね。

一人での糸通しは、さすがに、ちょっと難しいかな?
と思いつつチャレンジしてもらいました。 
最初は先生がやって見せます。

目を凝らさないと見えないような小さな針のあなに
木綿糸を通す作業は、大人だって思わず真剣になりますね。

それを見ていたTちゃんは、針を持つと

まるで息を止めたようにじっとしながら
小さな指先に意識を集中して、
糸の先を何度も何度も針あなのすぐそばまで持っていくのですが
なかなか命中しません。

見ている私たちのほうが「あっ!もうすこし!」
と声が出てしまいます。

幼い子の集中力。限界かな・・・という私たちの心配をよそに
Tちゃんは気持ちをそらすことなくチャレンジし続けます。

そんな姿に感動!!

ついに、細い糸が針あなを潜り抜けました!!

それからの「はじめての針仕事」は順調です(*^^)v





ふわふわのぼんてんを
通したり、
お星さまのキラキラビーズを通したり。

かわいい飾りが出来上がっていきました。

プレキッズのクラスから指先を鍛えてきた生徒だから
できたチャレンジ♡
まんまるをハサミで切り抜く手つきも、もうすっかり様になっています。

まさに「かわいい子にはチャレンジさせよう!」の巻でした (^_-)-☆

 

;